苗木を育てるための正しい知識|ガーデニングの基礎を学ぼう!

自宅の庭に植物を育てよう
種

便利な支払い方法

インターネットで苗木や花の種を購入する際には、支払い方法を幾つか選択することが可能です。通販利用の際の定番とも言えるカード払いはもちろん、コンビニ決済を利用してコンビニから支払いをすることも可能でしょう。

種まき

食べて育てる

野菜の種は、食べた後取り除いたものから育てることも可能です。例えばプチトマトなどの種は、狭い場所でも生育可能な点から人気となっています。ただし、初心者の方は市販の種を利用するのが無難でしょう。

園芸用品

まとめて購入する

ガーデニングを行う際には、プランターやスコップといった道具が必要となります。植物の種類によっては、噴霧器や剪定バサミなども必要となるでしょう。これらの道具をまとめて購入するなら、通販サイトの利用が便利です。

旬に合わせて

花

住宅の庭園に彩りを持たせるために、植物を植えようか検討している方は多いでしょう。庭に植物を植える際に、便利となっているのが苗木です。苗木は種の状態とは違い、ある程度生育した状態で販売されているので、苗から庭に移し替えるだけで簡単に育てることが可能です。ただし、苗木を育てる際には注意すべき点もあります。例えば、苗木の状態で使われている土と、庭に敷き詰められた土の性質が大きく異なる場合があります。土は種類によって、水分を溜め込む保水性が高いかどうか、空気を通す通気性が高いかどうかなどの違いがあります。この土の違いによって生育スピードや伸び代が大きく変わってくるので、苗木を購入する際にはどういった土が適しているのか販売者の方に相談してみると良いでしょう。

苗木を購入する際に注意したいのが、植物によって旬が異なる、という点です。植物それぞれに旬があり、「この植物を育てたい!」と思っても、今すぐにはできない場合があるので覚えておきましょう。例えば夏のイメージが強いヒマワリは、春から梅雨頃に植えることで夏に花を咲かせます。温度が低い、日照時間が短いと花を咲かせることが難しい植物なので、必然的に冬に育てるのは難しいと言えるでしょう。桜などを植える場合にも、春先の開花時期に合わせて植えるよう注意が必要です。このように、希望する植物それぞれに適した時期があります。時期を外すと苗木自体が販売されていないケースも多いので、覚えておきましょう。