苗木を育てるための正しい知識|ガーデニングの基礎を学ぼう!

夫婦

食べて育てる

種まき

「食べた野菜の種を、どうにか育てられないだろうか」と考えたことのある方は少なくないでしょう。100円から200円程度で購入した野菜や果物から、種を通じて永続的に実が収穫できれば、それは大きな節約術と言っても過言ではありません。ただし、野菜や果物の種類によって、発芽のしやすさや収穫までの期間が大きく異なる点は注意しておきましょう。野菜の種の中でも、比較的多くの家庭で利用されているのがトマトの種です。特に、プチトマトの種はベランダでも育てられることから人気となっています。プチトマトの種は、市販品だけでなく食べたものを利用することも可能です。トマトは比較的手がかからない植物として知られているため、忙しい方でも手が出しやすい野菜だと言えるでしょう。

野菜の種をより確実に発芽させたいのであれば、一番手っ取り早い方法は市販の種を利用することです。市販の種は植えてすぐ発芽できるよう販売されているので、種を一度乾燥させるなど手間をかける必要が無いのが魅力でしょう。市販の場合パッケージに大まかな育成方法も書かれているので、初心者でもわかりやすくなっています。また、品種によって様々な種類が販売されているので、味や育てやすさなど様々な項目で種を選べるのが大きなメリットと言えるでしょう。同じ品種の種が様々な業者から販売されており、それぞれに発芽率や値段が異なっています。財布の状況に応じて種を選ぶことが可能なので、気軽に購入することができるでしょう。